« 仏前結婚式とは | メイン | 教会で結婚式をするとき »

仏前結婚式の式次第

宗派によって異なりますが、ここでは東京の築地本願寺
(浄土真宗)を例に挙げましょう。

・入堂・着席…奏楽のうちに参列者が入堂し、起立して
    新郎新婦、媒酌人夫妻の入堂を迎える。
    司婚者(僧侶)が入堂したら着席、合掌。

・敬白文朗読…一同起立。司婚者が仏に結婚を報告する敬白文を朗読。

・念珠授与…司婚者が新郎に白リボンの念珠、新婦に赤リボンの念珠を授与。

・司婚の辞…新郎新婦は起立。司婚者が司婚の辞を述べる。

・焼香…新郎が焼香台前に進み出て一礼。右手で香をつまみ香炉にくべて合掌。
    新婦がこれに続く。つまんだ香を頭にいただく動作はしない。

・誓杯…神前結婚式の三三九度と同じ。新郎新婦が誓杯を交わした後
    参列者は起立して祝杯をあげる。

・司婚者の挨拶

・退堂…司婚者を先頭に退場。
(全20〜25分)

「仏前結婚式」内の記事一覧