« 遺族の服装 | メイン | 納棺 »

枕づとめと戒名

遺体の処置、枕かざり、自宅の準備ができたら、
僧侶を呼び近親者だけで「枕経」をあげてもらいます。

この「枕づとめ」が終わると戒名が与えられます。
宗派によって与えられる名前は少し異なります。

・曹同宗…戒名:男は信士、居士、院殿居士など。女は信女、大姉。
・日蓮宗…法号:男は日、女は妙
・真宗…法名:男は釈、女は釈尼

戒名・法名をもらった場合は、その僧侶に謝礼をします。

「葬儀の準備」内の記事一覧