« 神式・キリスト教式の納棺 | メイン | 通夜の進め方 »

祭壇のつくり方

納棺後、葬儀社が祭壇を設置します。
祭壇は3〜7段まであり、
6畳の部屋なら3〜4段となります。

仏式では、棺を金襴の布で包み、
棺の前には故人の白黒写真を
額に入れて黒リボンをかけて置き、
その前に位牌を置き、
香炉、燭台、花立、供物を供えます。

「葬儀の準備」内の記事一覧