« 抹香の方法 | メイン | 献花の方法 »

玉串奉奠の方法

神式では玉串奉奠が焼香に代わるものです。
また玉串は、榊の小枝にシデをつけたもの。
奉奠の順番は、神官、喪主、遺族、親戚、友人、一般会葬者。
やり方は以下のとおり。

・神官の前に進み出る

・左の手の平に葉先をのせ、右手をかぶせるように
    枝のほうを軽くつかんで受け取り、神官に一礼。

・玉串を胸の高さに捧げながら、玉串案の2〜3歩の
    ところまで進む

・玉串を軽くいただき、持ち手を変えて葉のほうを手前に、
    枝が向こうになるようにして玉串案に供える

・二礼、二拍手(音は立てない)

・さらに一礼。前向きのまま2歩下がる。

・向きを変える神官に一礼。遺族に一礼。自席に戻る。

「焼香の方法」内の記事一覧