« 遠方の近親者が亡くなったとき | メイン | お悔やみの挨拶の基本 »

あとで不幸を知ったとき

事情があって告別式の後に不幸を知った場合
すぐに伺った知らなかった事情を述べ
失礼を詫びます。
そして遺骨に拝礼して、香典や供物を供えます。
埋骨後の場合は、仏壇や神棚を拝ませてもらい
近くなら墓参りをします。

それほど親しくない場合には、
遺族とあったときに丁寧にお悔やみを言い、
告別式に参列できなかった失礼を詫びます。

「死亡の知らせを受けたら」内の記事一覧