« 控え室から式場へ | メイン | 挙式後の親族紹介 »

神前結婚式の式次第

・着席…奏楽がスタート。

・修祓…斎主(神職)によるお祓い。一同起立。

・祝詞奏上…降神の祝詞を斎主が奏上し神餞(供物)を捧げる。

・誓杯の儀…三三九度。新郎新婦は起立して神酒をいただく。
    酒杯は、1、2度杯に口をつけてから3度目に飲む。
    飲めない人は杯に口をつけるだけでOK。

・誓詞朗読…一同起立。新郎新婦が神前に進み出て、新郎が誓詞を朗読。
    新婦は自分の名前だけを読む。

・指輪交換…新郎が新婦に、次に新婦が新郎の薬指に指輪をはめる。
    この部分は省略される場合もある。

・玉串奉奠…新郎新婦が神前に進み出て、玉串を奉奠してから二拝、
    二拍手、一拝して、内側に回って席に着く。続いて媒酌人が奉奠。
    参列者は自席で拝礼。

・親族杯の儀…一同起立し、ともに杯を挙げる。

・斎主退場

・一同退場…神前に拝礼して新郎新婦を先頭に退場。
(全20〜30分)

「神前結婚式」内の記事一覧