« 服喪期間 | メイン | 仏式の忌日法要 »

神式の忌服期間

忌とは死者のけがれが身にあること、
服とは喪服を身に着けている期間のこと。
神式ではかつて、

・父母…忌50日、服13カ月
・夫…忌30日、服13カ月
・妻…忌20日、服90日
・子…忌20日、服90日
・兄弟姉妹…忌20日、服90日
・祖父母…忌30日、服50日

と定められていました。

最近では、49日の忌明けまでを忌の期間、
服の期間は1年間とするのが一般的です。
ただし服の期間も喪服を着用し続けるのではなく
正月行事などをしないという程度です。

「葬儀の後」内の記事一覧