« 男性側の段取り(1) | メイン | 男性側の家の段取り(2) »

女性側の家の段取り

仲人が到着したら玄関まで出迎えて上座に通します。
(席順は男性側の家と同じ)。次のやり取りがなされます。
仲人:「本日はお日柄もよろしく、ご両家のご婚約もととのいまして
    おめでとうございます。こちらは▲▲さま(男性側)からの
    ご結納品でございます。幾久しくお納めください」

女性側:「ありがとうございます。幾久しくお受けいたします。本日は
    いろいろとお心遣いをいただきありがとうございます」

<結納品を受け取る。結納金の包みがあるときは仲人が
「どうぞ中をおあらためくださいますように」と声をかけ、
女性側は結納品を別室に運んで金宝包を確かめて
請書を片木盆にのせて差し出す>

女性側:「ありがとうございました。確かに頂戴いたしました。
    これは請書でございます。どうぞお納めくださいませ」

仲人:ごていねいに恐れ入ります。確かに御預かりいたします」

<女性側が男性側への結納品を差し出す>

女性側:「これは私どもからの結納品でございます。なにとぞ
    よろしくお願い申し上げます」

仲人:かしこまりました。ただ今からお届けして参ります。

「自宅で結納をする場合」内の記事一覧