« 女性側の家の段取り | メイン | 仲人のもてなし »

男性側の家の段取り(2)

<仲人はまず女性側の請書を差し出す>

仲人:「無事お届けしてまいりました。先方様では大変お喜び
    でございました。これは請書でございます」

男性側:「誠にご苦労様でした」

<仲人は女性側から預かってきた結納品を差し出す>

仲人:「これは●●さまからのご結納でございます。
    幾久しくお納めくださいますよう」

男性側:「ありがとうございます。ご丁寧な結納の品々
    幾久しく頂戴いたします」

仲人:「どうぞ中をおあらため願います」

<男性側も別室で確かめてから請書を仲人に差し出す>

男性側:「請書のとおり、確かに頂戴いたしました」

これで結納品の取り交わしを終わり、
仲人は男性側の請書を女性側に届ける役目がありますが、
後日、機会をみて渡すようにして当日は省略するケースが
多くなっているようです。

「自宅で結納をする場合」内の記事一覧