« 体育の日 | メイン | 冬至 »

七五三

11月15日は七五三。
3歳または7歳の女の子、あるいは5歳の男の子に
神社に詣でさせ、成長を感謝して将来の幸福を祈る行事です。

昔の3歳の髪置き、5歳の袴儀、7歳の帯祝いに
由来していて、晴れ着を着て神社に参拝する習慣は
今も盛んです。
母親も黒の江戸褄や色留袖裾模様、訪問着など
着飾る傾向がありますが、親子ともあまりに
派手な着物・服装は好ましいとはいえません。

親戚や知人に七五三を祝う子どもがいたら
付き合いの程度に応じてお祝いの品を贈ります。
女の子には当日身につけるリボンや扇子、
男の子にはおもちゃ、絵本などが多いようです。
お礼として食事会に招いたり、お赤飯を配る家庭もあります。

「年中行事」内の記事一覧