« 結婚式の忌み言葉 | メイン | スピーチへのお礼 »

敬称の使い方

社長、実業家、自営業者、農業関係者、官公吏、
その他一般の人には「さま」。

大学教授や教育者、政治家、医師、弁護士、
学者、作家、市町村会議員には「先生」をつけます。

ただし、たとえば新郎の勤務先の社長を紹介するとき
司会者もその会社の社員である場合、
社長に「さま」をつけるのはおかしいので
「●●株式会社の▲▲社長でございます」などとして
「さま」を避けます。

「結婚披露宴」内の記事一覧