« お返し品 | メイン | 遺体を清める »

末期の水

医師に臨終を告げられたら、
家族は「末期(まつご)の水」、
いわゆる「死に水」を
死者の口に含ませて別れを告げます。

中細の新しい筆の穂か、
割り箸の先に新しい脱脂綿をつけたものに
清水を含ませ、死者の唇を軽くしめます。
これを最も近親者から順に行います。

「遺体の処置」内の記事一覧